後法興院記(読み)ごほうこういんき

百科事典マイペディアの解説

室町時代末期の公家である近衛政家(まさいえ)の日記。《後法興院政家記》ともいう。書名は政家の法号〈後法興院〉にちなむ。政家は関白から太政(だいじょう)大臣・准三后(じゅさんごう)の地位にまで昇り,朝廷内の要職を占めていた。記事は1466年から1505年に及ぶが,1469年以後の10年間を欠いているのが惜しまれる。それでも応仁(おうにん)・文明の乱から戦国争乱に至る激動の時代を知るうえで貴重で,山城国一揆が畠山政長(まさなが)と畠山義就(よしなり)の両軍を山城国から撤退させた記事などは有名。→近衛家

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中世後期の公家近衛政家の日記。1466年(文正1)から1505年(永正2)にわたる自筆本30巻が陽明文庫に所蔵されているが,1469年(文明1)以後10年間は欠失。後法興院は政家の法号。その記事は,応仁・文明の激動期の政治情勢,合戦の様相,伝統的行事,家領経営の状態などに及ぶ豊富な内容をもち,室町時代中期の重要史料である。《続史料大成》所収。【小泉 宜右】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近衛政家(このえまさいえ)(1444―1505)の日記。書名は政家の法号後法興院にちなむ。寛正7年(1466)正月から応仁2年(1468)12月までと、文明11年(1479)正月から永正2年(1505)6月に及ぶ30年分が自筆原本で伝わり、陽明(ようめい)文庫に収められている。政家は1479年関白(かんぱく)、氏長者(うじのちょうじゃ)となり、88年(長享2)太政(だいじょう)大臣、97年(明応6)准三宮(じゅさんぐう)に至る。記事は朝儀をこまめに載せているばかりでなく、足利義政(あしかがよしまさ)との頻繁な往来を記し、応仁(おうにん)の乱(1467~77)を経て激動する当時の政治・文化史をみるうえでの基本史料。刊本として平泉澄校訂『後法興院政家記』2冊(1930・至文堂)がある。

[田中博美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android