コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡甚三郎 おばた じんざぶろう

2件 の用語解説(小幡甚三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡甚三郎 おばた-じんざぶろう

1846*-1873 幕末-明治時代の教育者。
弘化(こうか)2年12月5日生まれ。小幡篤次郎(とくじろう)の弟。福沢諭吉の私塾で英語をまなび,開成所教授手伝並出役をつとめる。慶応義塾の教授法なども整備。明治4年アメリカのラトガーズ大に入学し,6年1月20日同地で病死した。29歳。豊前(ぶぜん)中津(大分県)出身。訳書に「西洋学校軌範」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小幡甚三郎

没年:1873.1.29(1873.1.29)
生年:弘化2.12.5(1846.1.2)
幕末・明治初頭の教育者。中津藩士小幡篤蔵の3男として豊前国(大分県)中津殿町に生まれる。元治1(1864)年福沢諭吉に伴われて兄篤次郎と共に上京し,英学修業。その後慶応義塾教員を勤め,慶応2(1866)年から4年の間は幕府開成所英学助教となる。4年慶応義塾の塾則の制定,結束の強化に力を尽くし,また明治3(1870)年から4年にかけて塾舎が芝新銭座から三田に移転する際はその総指揮をとるなどその才智気力を発揮した。4年冬旧藩主奥平昌邁のアメリカ留学に随行し,6年ラトガース大学で勉学中に同地で客死。著書に『英国軍艦刑法』,訳書に『西洋学校軌範』など。

(中森東洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小幡甚三郎の関連キーワード大久保麑山大西仙洲岡本真阪小幡篤次郎賀陽済津田純一西尾彦朗橋本塩巌浜野定四郎間野遺秉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone