コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松島湾 こまつしまわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小松島湾
こまつしまわん

徳島県東部,北東に開く湾口が紀伊水道に面する湾。リアス海岸の一部にあたる。東の和田ノ鼻は天然の防波堤の役割を果し,北部は大きな川の流入もなく,水深は湾内で 8m,湾口で 14mに達する。湾奥の小松島港は 1913年,阪神航路が開けてから発展し,徳島の外港,四国の海の玄関口となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報