コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林勝 こばやし まさる

2件 の用語解説(小林勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林勝 こばやし-まさる

1927-1971 昭和時代後期の小説家,劇作家。
昭和2年11月7日朝鮮晋州生まれ。昭和27年火炎びん闘争で逮捕される。反権力闘争をつづけながら,31年「フォード・一九二七年」を発表,芥川賞候補となる。35年「檻(おり)」で「新劇」戯曲賞(現岸田国士(くにお)戯曲賞)。日本人の差別意識をテーマにした作品がおおい。昭和46年3月25日死去。43歳。早大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林勝
こばやしまさる
(1927―1971)

小説家、劇作家。本籍は長野県だが、生まれたのは朝鮮慶尚南道陸軍航空士官学校、旧制都立高校文科甲類を経て、早稲田(わせだ)大学ロシア文学科に転入学したが、レッド・パージ反対闘争に巻き込まれて中退。1952年(昭和27)6月には新宿駅前の火炎びん闘争で逮捕され、下獄。平明なリアリズムの手法で戦中・戦後の鬱屈(うっくつ)した青春を語る点に特色があり、『フォード・一九二七年』(1956)、『軍用露語教程』(1956)はともに芥川(あくたがわ)賞候補となった。59年、獄中で戯曲『檻(おり)』を執筆し、翌年、民芸が上演、新劇戯曲賞を受賞した。いわゆる極左冒険主義時代を運動内部者の目で描いた全五部作の『断層地帯』(1958)、ほかに、『狙撃(そげき)者の光栄』(1959)、『強制招待旅行』(1962)、『チョッパリ』(1970)などがある。[古林 尚]
『『小林勝作品集』全5巻(1975~76・白川書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林勝の関連キーワード梶山季之阿部昭仁木悦子藤原審爾山田克郎川上宗薫折目博子小林美代子小山清咲村観

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林勝の関連情報