コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林旭 こばやしあきら

百科事典マイペディアの解説

小林旭【こばやしあきら】

俳優。東京生れ。1955年私立目黒高卒。1956年第3期日活ニューフェースとして入社し,同年川島雄三監督の《飢える魂》でデビュー。同監督《幕末太陽伝》(1957年),桝田利雄監督《錆びたナイフ》(1958年)などで石原裕次郎助演として個性を発揮し始め,主演の歌謡アクション《南国土佐を後にして》(1959年)がヒット。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林旭 こばやし-あきら

1938- 昭和後期-平成時代の俳優,歌手。
昭和13年11月3日生まれ。昭和31年日活にはいり,「飢える魂」でデビュー。「絶唱」などをへて,34年「南国土佐を後にして」がヒット。「渡り鳥」「流れ者」両シリーズで石原裕次郎につぐスターとなる。のち東映で「仁義なき戦い」などに出演。歌手としても52年「昔の名前で出ています」,61年「熱き心に」などのヒット曲がある。東京出身。私立目黒高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小林旭の言及

【美空ひばり】より

…ちなみに,昭和32年から36年まで5年間の映画出演本数は63本,年平均12本強にも及んでいる(なお,昭和33年7月に〈ひばりに関しては1社の独占を禁ずる〉という邦画6社の紳士協定が破られて東映が専属契約,それが昭和38年12月まで続いた)。 1962年,日活のアクション・スター小林旭(1938‐ )と結婚,しかし〈スター同士の結婚〉は長続きせず,64年に離婚する。翌65年,作曲に古賀政男を得た《柔(やわら)》によって初のレコード大賞(第7回)を受賞,続く66年にも古賀政男の《悲しい酒》でヒットを飛ばし,〈演歌の女王〉〈歌謡曲の女王〉としての貫禄も示すようになる。…

※「小林旭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小林旭の関連キーワードにっかつ(日活)[株]仁義なき戦い 代理戦争俺たちの血が許さない仁義なき戦い 完結篇太陽、海を染めるとき寝たふりしてる男たち踏みはずした春夜霧の第二国道自動車ショー歌ついて来るかい赤木 圭一郎地獄の破門状東映[株]女を忘れろ修羅の伝説浅丘ルリ子日活(株)和田 浩治完全な遊戯ほいけんた

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林旭の関連情報