コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小池池旭 こいけ ちきょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小池池旭 こいけ-ちきょく

1824-1878 江戸後期-明治時代の画家。
文政7年生まれ。江戸で大沼枕山(ちんざん)の義妹となる。諸国遊歴中,京都守護職会津(あいづ)藩主松平容保(かたもり)の屋敷に起居するうち戊辰(ぼしん)戦争がおき,会津へ同行して籠城(ろうじょう)にくわわる。新政府軍に捕らえられたが,画家であることを証明して釈放された。明治11年死去。55歳。加賀(石川県)出身。初号は紫雪

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小池池旭の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android