コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小沢儀明 おざわ よしあき

2件 の用語解説(小沢儀明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小沢儀明 おざわ-よしあき

1899-1929 大正-昭和時代前期の地質学者。
明治32年3月31日生まれ。大正14年東京帝大助教授。日本の造山運動を研究。15年学士院恩賜賞。翌年欧米に留学し,有孔虫類系統分類の研究で成果をあげた。昭和4年12月28日死去。31歳。山梨県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小沢儀明
おざわよしあき
(1899―1929)

地質学者。山梨県の出身。1923年(大正12)東京帝国大学地質学科を卒業し、助手となる。1924年講師となり、「日本二畳石炭紀石灰岩の区分について」「秋吉台石灰岩を含む所謂(いわゆる)上部秩父(ちちぶ)古生層の層位学的研究」によって地質学会奨励金を受けた。ことに後者は、巨大な押しかぶせ褶曲(しゅうきょく)の実在を立証したことで、学界に大きな衝撃を与えた。1925年助教授に進み、翌年「古生代後及び中生代末に於(お)ける日本内帯の地殻運動」によって理学博士の学位とともに、学士院恩賜賞を授与された。1927年(昭和2)在外研究員として欧米留学し、アメリカのカッシュマンとの共同研究の有孔虫類の系統分類で優れた成果をあげて1929年帰朝した。しかし、その報告も発表しきれないうちに腸チフスに倒れ、同年12月に急逝した。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小沢儀明の関連キーワード石川弘岡本弥太小野重行黒田孝雄古賀愛子後藤工志酒井繁菅忠雄福永尊介松井千枝子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone