コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泉次大夫 こいずみ じだゆう

2件 の用語解説(小泉次大夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小泉次大夫 こいずみ-じだゆう

1539-1624* 織豊-江戸時代前期の武士,治水家。
天文(てんぶん)8年生まれ。徳川家康につかえる。多摩川左岸の世田谷・六郷領と右岸の稲毛・川崎領への用水の開削を進言,慶長2年工事をはじめる。6年稲毛・川崎領代官となる。16年工事を完成させ,本田・新田の10分の1をあたえられた。元和(げんな)9年12月8日死去。85歳。駿河(するが)(静岡県)出身。名は吉次(よしつぐ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小泉次大夫

没年:元和9.12.8(1624.1.27)
生年:天文8(1539)
江戸初期の代官。名は吉次。今川義元の家臣植松泰清の長男(養子ともいう)。今川氏滅亡後,徳川家康に臣従し小泉姓を賜った。天正18(1590)年,関東入国後,武蔵国橘樹郡小杉陣屋(川崎市)を拠点に幕領を管轄する。慶長2(1597)年多摩川流域を巡見,右岸の二ケ領用水(川崎市),左岸の六郷用水(東京都)の測量を開始。同6年に稲毛・川崎代官に任ぜられた。10年,幕領のほか,私領の人夫を徴発する権限も与えられ,14年には両岸の用水本流工事を竣工,16年には小堀の分水工事も完了。この工事には女子を参加させたことで,俗に女堀ともいう。これらの功により開発地の10分の1が給与された。妙遠寺(川崎市)に夫妻の墓と明治期に建てられた功徳碑(1889)がある。<参考文献>小泉次大夫事績調査団編『小泉次大夫用水史料』,『太田区史』中

(村上直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小泉次大夫の関連キーワード今川範以牧興相赤尾吉次(初代)井伊直満今川氏豊今川義真鵜殿長持岡部長教織田信房吉良義尭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone