コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓔珞 ようらく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瓔珞
ようらく

サンスクリット語のムクターハーラ muktāhāraまたはケーユーラ keyūraの訳語。インドで身分の高い男女が珠玉や貴金属を編んで,首,胸,腕などにつけた装身具。仏教では寺院内外の飾りや仏像の首,胸,衣服の飾りに用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐らく〔ヤウ‐〕【××珞】

珠玉を連ねた首飾り腕輪。インドにおける装身具であったが、仏教では仏像を荘厳(しょうごん)する飾り具をいい、また寺院内の宝華(ほうけ)状の荘厳をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

瓔珞【ようらく】

本来,玉や貴金属に紐(ひも)を通してつないだ飾りで,インドで頭,首,胸を飾るため,貴人の用いたもの。仏教では仏像の首飾宝冠天蓋の装飾や,仏前の荘厳(しょうごん)(飾り)に多く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瓔珞
ようらく

仏具の一種で、纓珞、纓絡とも書く。梵語(ぼんご)ムクタハーラmukthra、ハーラhra、ケユーラkeyraの訳。古代インドの貴族の装身具として用いられ、とくに首や胸を中心に、真珠・玉(ぎょく)・金属などを紐(ひも)に通したり、つないだりして飾った。仏教では仏像、とくに菩薩(ぼさつ)像などを荘厳(しょうごん)する飾り具として用い、また浄土では木の上からこれが垂れ下がっているといわれているため、日本の寺院では宝華形をつないで垂下させたものを寺堂内陣の装飾に用い、これも瓔珞という。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

瓔珞の関連キーワードコヨウラクツツジ(小瓔珞躑躅)ヨウラクツツジ(瓔珞躑躅)サンスクリット語ヨウラククラゲヨウラクツツジヨウラクラン春日山田皇女平中 歳子大威徳明王遠山 繁夫小瓔珞躑躅軍荼利明王観世音菩薩高岡仏具瓔珞躑躅五十二位十種供養一字金輪天子ヶ岳三聚浄戒

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瓔珞の関連情報