コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田切進 おだぎり すすむ

1件 の用語解説(小田切進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田切進 おだぎり-すすむ

1924-1992 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
大正13年9月13日生まれ。小田切秀雄の弟。「改造」編集者をへて昭和39年立大教授。近代文学の研究と資料整備につとめる。38年高見順,伊藤整らと日本近代文学館を設立し,46年理事長。59年神奈川近代文学館館長。平成4年12月20日死去。68歳。東京出身。早大卒。著作に「昭和文学の成立」,編著に「現代日本文芸総覧」など。
【格言など】自分が挑戦すべきテーマを探せ,自分の「星」を探しだせ(学生に向けたことば)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小田切進の言及

【日本近代文学館】より

…東京都目黒区駒場に所在。1961年秋,立教大学で開かれた大正・昭和の雑誌展がきっかけとなり,主催者の小田切進が高見順,伊藤整,稲垣達郎に呼びかけ,川端康成,久松潜一,木俣修,瀬沼茂樹,中村光夫,平野謙ら多数が加わって文壇・学界240余名の大きな運動となり,各界から基金・資料の協力を受け,63年秋,国会図書館上野支部に文庫を開設,67年春,駒場公園内に建設開館した。樋口一葉,有島武郎・生馬,中里介山,芥川竜之介の各文庫,鈴木茂三郎収集の社会文庫など80の特別コレクションを含む70万点を収蔵公開,貴重資料の復刻や各種の文学展,講座などを活発に行い,内外の文学研究者,読者に広く利用されている。…

※「小田切進」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小田切進の関連キーワード大薗卓小山やす子重田保夫篠原健治諏訪優千田夏光辻隆東中光雄松本作衛山寺秀雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小田切進の関連情報