コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田原提灯 オダワラヂョウチン

2件 の用語解説(小田原提灯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おだわら‐ぢょうちん〔をだはらヂヤウチン〕【小田原灯】

円筒形で、不用のときは畳んで袂(たもと)または懐中に入れて携帯のできる提灯。天文年間(1532~1555)小田原の甚左衛門の創製という。懐(ふところ)提灯。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小田原提灯
おだわらちょうちん

小型で円筒(えんとう)状の提灯。折り畳むと上下の枠が組み合わされ、袂(たもと)または懐中に入るので、懐(ふところ)提灯ともよばれ、江戸時代、主として旅行者が用いた。普通、携行するときには布袋(ぬのぶくろ)に入れ、口紐(くちひも)の端にろうそく入れの竹筒または根付(ねつけ)などを取り付け、腰に下げた。これを小田原提灯といったのは、小田原(神奈川県)の甚左衛門という人がつくりだしたからで、享保(きょうほう)(1716~36)のころには全国的に広く用いられるようになり、土産(みやげ)提灯として、小田原名産の一つとされた。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小田原提灯の言及

【提灯】より

…初めは一般的に用いられたが,やがて儀式用となり,後世には遊里などで客の送迎に用いられた。小田原提灯も箱提灯と同様に作られたが,これは小型で軽便なのでもっぱら旅行用とされた。ぶら提灯は球形や棗形のもので,これを棒の先端にぶらさげて持ち歩いたのでこの名がある。…

※「小田原提灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小田原提灯の関連情報