小稲半兵衛物(読み)こいなはんべえもの

世界大百科事典 第2版の解説

こいなはんべえもの【小稲半兵衛物】

人形浄瑠璃,歌舞伎狂言の一系統。宝永(1704‐11)ごろ,大津柴屋町の芸子小稲と稲野屋半兵衛唐崎の松のほとりで情死したという巷説による作品群。小雛と書く作もある。脚色の初めは初世都一中が作曲演奏した《唐崎心中》。舞台では歌舞伎で1766年(明和3)7月京の小川吉太郎座(北側の芝居)《琵琶湖八景文談(びわのうみはつけいぶんだん)》が,人形浄瑠璃で1768年10月に大坂阿弥陀池門前芝居で田中後調作《傾城浪花をだ巻》,11月に阿弥陀池東ノ芝居で八民平七作《小いな半兵衛 廓色上(さとのいろあげ)》が相ついで初演

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android