小糸焼(読み)こいとやき

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

小糸焼[陶磁]
こいとやき

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
高山市で製作されている。赤土粘り気のある飛騨粘土を使用。絵付け手作業で、渋い色合いが特徴。青伊羅保という釉薬を使って焼きあげたコバルトブルーの色合いは、小糸焼独特のものである。岐阜県郷土工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

小糸焼

岐阜県高山市で生産される伝統的な焼き物。寛永年間、当時の高山藩主、金森重頼殖産興業を目的に、小糸坂(現在の高山市西部)に京から陶工を招いて窯を開いたのが起源。幾度もの衰退を経て、戦後復興。独特のコバルトブルーの釉薬(青伊羅保(あおいらぼ))で知られる。岐阜県郷土工芸品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こいと‐やき【小糸焼】

〘名〙 陶器の一つ。江戸時代、文政年間(一八一八‐三〇)、飛騨国大野郡西之一色村(岐阜県高山市の南西部)の小糸坂で焼いたもの。小瀬戸。古瀬戸。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android