コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小豆島オリーブ しょうどしまおりーぶ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

小豆島オリーブ[調味料]
しょうどしまおりーぶ

四国地方、香川県の地域ブランド。
1908(明治41)年、当時の農商務省小豆島でアメリカから輸入した苗木で試作をおこなったのが小豆島でのオリーブ生産の始まり。小豆島は、原産地である地中海の気候とよく似ていたため試作に成功した。オリーブは、香川県の県花・県木でもある。現在ではオリーブの実は、オリーブオイルだけでなく食用・化粧用・薬用・工業用などに使用されており、塩蔵加工した塩蔵オリーブもある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

小豆島オリーブの関連キーワード香川県小豆郡小豆島町西村大坂城石垣石切丁場跡小豆島(町)たさきこうじ小豆島町四国地方草壁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小豆島オリーブの関連情報