小豆島オリーブ(読み)しょうどしまおりーぶ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

小豆島オリーブ[調味料]
しょうどしまおりーぶ

四国地方、香川県の地域ブランド。
1908(明治41)年、当時の農商務省小豆島でアメリカから輸入した苗木で試作をおこなったのが小豆島でのオリーブ生産の始まり。小豆島は、原産地である地中海の気候とよく似ていたため試作に成功した。オリーブは、香川県の県花・県木でもある。現在ではオリーブの実は、オリーブオイルだけでなく食用・化粧用・薬用・工業用などに使用されており、塩蔵加工した塩蔵オリーブもある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小豆島オリーブの関連情報