コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県花 ケンカ

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

県花【けんか】

都道府県を代表する花。1953年,NHK全日本観光連盟,日本交通公社,植物友の会の共催で郷土の花選定が企画され,郷土の誇りとする花,よく知られ愛されている花,その地方の生活や歴史に関係の深い花などの基準によって候補を整理,翌1954年発表された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

けんか【県花】

各都道府県を代表するものとして、県ごとに定められた花。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

県花
けんか

都道府県を代表する郷土の花。都道府では都花・道花・府花という。1954年(昭和29)NHKが開設30周年を記念して、全日本観光連盟、日本交通公社、植物友の会との共催で「郷土の花」として選定した。その基準は、(1)郷土の誇りとする花、(2)郷土の人々に広く知られ、愛されている花、(3)郷土の産業、観光、生活などに関係の深い花、(4)郷土の文学、伝説などに結び付いている花、(5)その地方だけにみられる珍しい花、などである。千葉のナノハナ、神奈川のヤマユリ、新潟のチューリップなどの草花と、青森のリンゴ、鳥取の二十世紀ナシ、岡山のモモ、山口のナツミカンなど特産の果樹、そして東京のソメイヨシノ、福岡のウメ、大分のブンゴウメ、鹿児島のミヤマキリシマ、沖縄のデイコなどの花木に大別される。その後、県が独自に制定したり、当初選定された花を変更した県もあり、茨城はウメからバラ、長野はソバからリンドウ、静岡はチャからツツジへ変わった。県花はいずれも各県に深いかかわりをもった特色のある花であり、郷土の紹介や観光にも大きな意義を有する。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の県花の言及

【県花・県木】より

…都道府県を代表する花,木として選定されたもの。県花は〈県の花〉ともいわれ,都道府では〈都花〉〈道花〉〈府花〉という。県木は〈県の木〉ともいわれる。…

※「県花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県花の関連情報