コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県花 ケンカ

デジタル大辞泉の解説

けん‐か〔‐クワ〕【県花】

都道府県で、郷土を代表するものとして選び定められた花。山形県のベニバナ、愛知県のカキツバタ、三重県のハナショウブ、岡山県のモモ、沖縄県のデイゴなど。→県木県鳥
[補説]県花一覧
北海道ハマナス
青森リンゴ
岩手キリ
宮城ミヤギノハギ
秋田フキノトウ
山形ベニバナ
福島ネモトシャクナゲ
茨城バラ
栃木ヤシオツツジ
群馬レンゲツツジ
埼玉サクラソウ
千葉ナノハナ
東京ソメイヨシノ
神奈川ヤマユリ
新潟チューリップ
富山チューリップ
石川クロユリ
福井スイセン
山梨フジザクラ
長野リンドウ
岐阜レンゲソウ
静岡ツツジ
愛知カキツバタ
三重ハナショウブ
滋賀シャクナゲ
京都シダレザクラ
大阪サクラソウウメ
兵庫ノジギク
奈良ナラノヤエザクラ
和歌山ウメ
鳥取二十世紀ナシ
島根ボタン
岡山モモ
広島モミジ
山口ナツミカン
徳島スダチ
香川オリーブ
愛媛ミカン
高知ヤマモモ
福岡ウメ
佐賀クスの花
長崎ウンゼンツツジ
熊本リンドウ
大分ブンゴウメ
宮崎ハマユウ
鹿児島ミヤマキリシマ
沖縄デイゴ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

県花【けんか】

都道府県を代表する花。1953年,NHK,全日本観光連盟,日本交通公社,植物友の会の共催で郷土の花選定が企画され,郷土の誇りとする花,よく知られ愛されている花,その地方の生活や歴史に関係の深い花などの基準によって候補を整理,翌1954年発表された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けんか【県花】

各都道府県を代表するものとして、県ごとに定められた花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

県花
けんか

都道府県を代表する郷土の花。都道府では都花・道花・府花という。1954年(昭和29)NHKが開設30周年を記念して、全日本観光連盟、日本交通公社、植物友の会との共催で「郷土の花」として選定した。その基準は、(1)郷土の誇りとする花、(2)郷土の人々に広く知られ、愛されている花、(3)郷土の産業、観光、生活などに関係の深い花、(4)郷土の文学、伝説などに結び付いている花、(5)その地方だけにみられる珍しい花、などである。千葉のナノハナ、神奈川のヤマユリ、新潟のチューリップなどの草花と、青森のリンゴ、鳥取の二十世紀ナシ、岡山のモモ、山口のナツミカンなど特産の果樹、そして東京のソメイヨシノ、福岡のウメ、大分のブンゴウメ、鹿児島のミヤマキリシマ、沖縄のデイコなどの花木に大別される。その後、県が独自に制定したり、当初選定された花を変更した県もあり、茨城はウメからバラ、長野はソバからリンドウ、静岡はチャからツツジへ変わった。県花はいずれも各県に深いかかわりをもった特色のある花であり、郷土の紹介や観光にも大きな意義を有する。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の県花の言及

【県花・県木】より

…都道府県を代表する花,木として選定されたもの。県花は〈県の花〉ともいわれ,都道府では〈都花〉〈道花〉〈府花〉という。県木は〈県の木〉ともいわれる。…

※「県花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

県花の関連キーワード小豆島オリーブデイコ(梯沽)やまゆりポークしゃくなげ和牛鹿児島[県]ハッスル黄門和歌山[県]オリーブ夢豚ローズポーク秋田[県]富山[県]長崎[県]新潟[県]岡山[県]鳥取[県]岩手[県]広島[県]福島[県]埼玉[県]愛媛[県]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

県花の関連情報