コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小路名 コウジナ

2件 の用語解説(小路名の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうじ‐な〔こうぢ‐〕【小路名】

書状の宛名に官名や姓名などを書かないで、その人の住む所の名を書いて敬意を表すこと。一条に住む人にあてて「一条殿」とするなど。
宮中・院の女房に京の小路の名をつけて呼んだもの。春日(かすが)・高倉など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小路名の言及

【源氏名】より

…もとは《源氏物語》の帖名をとって命名したので源氏名という。宮中の女官には候名(さぶらいな)・殿名(とのな)・小路名(こうじな)などの使用例があり,源氏名もそうした形式の一種であろう。帖名の使用にも典侍・掌侍は漢字2字をつけ,命婦は1字というように定めた時期もある。…

※「小路名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小路名の関連情報