コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野五平 おの ごへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野五平 おの-ごへい

1831-1921 幕末-大正時代の将棋棋士。
天保(てんぽう)2年10月6日生まれ。嘉永(かえい)元年天野宗歩(そうほ)の門人となり,慶応3年6段。明治31年12世名人となり,23年間名人位を保持した。おおくの門弟におしえ,将棋界隆盛の基礎をつくった。大正10年1月29日死去。91歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。別名に土井喜太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おのごへい【小野五平】

1830~1920) 将棋十二世名人。阿波の人。1898年(明治31)民間人として初の名人に推された。福沢諭吉・榎本武揚らと交際し、棋士の社会的地位を高めた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小野五平の言及

【将棋】より

…その17年後に大橋本家も絶えてすべての家元は絶えた。98年天野宗歩門下の小野五平が後援者に推されて68歳の老齢で12世名人を名のった。小野の名人就位は家元制度の廃止であったが,直ちに他の将棋師や愛棋家から異議を申したてられたように,明治後半期の将棋界の混迷と不統一を端的に示している。…

※「小野五平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小野五平の関連キーワード関根 金次郎井上 義雄社会的地位井上義雄福沢諭吉大正時代小松三香民間人チェス天保棋士幕末

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小野五平の関連情報