コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野宗歩 あまのそうほ

7件 の用語解説(天野宗歩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天野宗歩
あまのそうほ

[生]文化13(1816).江戸
[没]安政6(1859)
将棋棋士。幕末の棋聖とうたわれた天才棋士。在野の棋士であったため生涯7段で終ったが,棋力 11段と称され,門下生 3000人に及んだ。その著書『将棋精選』『将棋手鑑』は近代将棋の定跡の基礎とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あまの‐そうほ【天野宗歩】

[1816~1859]江戸末期の棋士。江戸の人。11代大橋宗桂に入門。近代将棋の定跡の基礎を築いた。七段。後世、棋聖と仰がれる。著に定跡集「将棋精選」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天野宗歩【あまのそうほ】

幕末の将棋棋士。江戸の生れ。11代大橋宗桂門下。全国各地に棋譜を残し,《将棋精選》はその120番を収める。将棋家の出でないため7段に終わったが,御城将棋にも参加,後世〈棋聖〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野宗歩 あまの-そうほ

1816-1859 江戸時代後期の将棋棋士。
文化13年11月生まれ。11代大橋宗桂(そうけい)の門下。7段。嘉永(かえい)5年御城将棋に参加。棋聖と称された。定跡(じょうせき)集「将棊(しょうぎ)精選」「将棊方鑑」を刊行。門人に渡瀬(とせ)荘次郎,市川太郎松らがいる。安政6年5月13日死去。44歳。江戸出身。本姓は小幡。通称は留次郎,のち富次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

天野宗歩

没年:安政6.5.14(1859.6.14)
生年:文化13.11(1816)
幕末の将棋棋士。「そうほ」とも。江戸本郷菊坂の生まれ。小幡甲兵衛の次男。幼名留次郎,天野家へ養子となり,のちに富次郎と改名。文政3(1820)年,11代大橋宗桂(宗金)に入門。「菊坂の神童」といわれた。弘化3(1846)年七段。嘉永5(1852)年将棋家別家を許されて宗歩を名乗り御城将棋に出勤した。別家のためその後の昇段はないが,技は当代随一でのちに「棋聖」と称された。たびたび旅に出て在野での逸話が多い。同6年の著書『将棋精選』は新定跡として高名。江戸時代にあって近代将棋の基礎を切り開いた。<参考文献>中原誠『天野宗歩』(日本将棋大系),内藤国雄『棋聖天野宗歩手合集』

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あまのそうほ【天野宗歩】

1816~1859) 江戸後期の将棋棋士。江戸の人。将棋家の大橋本家で修業。段位は七段、実力は当時並ぶ者なく、後世、棋聖とあがめられる。定跡集「将棋精選」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天野宗歩
あまのそうほ
(1816―1859)

将棋棋士。江戸に生まれる。幼名は留次郎。1820年(文政3)5歳で11代大橋宗桂(そうけい)に入門。18歳のとき将棋修業の旅に出る。1845年(弘化2)30歳のとき富次郎と改名、六段。翌1846年七段を許され京都に上る。1852年(嘉永5)剃髪(ていはつ)して宗歩と称す。同年11月17日、江戸城の黒書院で和田印哲、大橋宗(そうみん)と対局する。これらの強豪との実戦は旧来の定跡(じょうせき)を破り、将棋史上に多くの名局を残している。門人には市川太郎松、渡瀬荘次郎、小林東伯斎ら在野の強豪が多数いた。定跡集『将棋精選』は近代将棋の基礎になっている。段位は七段、実力は十三段とうたわれ棋聖と仰がれる。[原田泰夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天野宗歩の関連キーワード伊藤宗看(2)大橋宗英大橋宗金大橋宗桂(4)大橋宗桂(8)大橋宗順大橋宗伝大橋宗与(2)大橋宗与(3)大橋宗与(4)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天野宗歩の関連情報