コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尭慧 ぎょうえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尭慧 ぎょうえ

1527-1609 戦国-江戸時代前期の僧。
大永(たいえい)7年生まれ。権(ごんの)大納言飛鳥井雅綱(あすかい-まさつな)の3男。将軍足利義晴(よしはる)の猶子。下野(しもつけ)(栃木県)高田の専修(せんじゅ)寺にはいり,天文(てんぶん)6年12世。17年伊勢(三重県)一身田(いしんでん)の無量寿寺(のちの専修寺)を住房とし,真宗高田派の本山が同寺にうつる基礎をつくった。天正(てんしょう)2年門跡(もんぜき)。10年大僧正。慶長14年1月21日死去。83歳。法号は光徳院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尭慧の関連キーワードマク氏黎朝崇元寺カブラル徳川氏酒井忠次守礼門高三隆達フェリペマールブルク