尹仁甫(読み)いん じんほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尹仁甫 いん-じんほ

?-? 朝鮮王朝の通詞(つうじ)。
応永の外寇(がいこう)(1419)後,日本から無涯亮倪(むがい-りょうげい)が使節として朝鮮にわたったときに通訳をつとめる。応永27年回礼使宋希璟(そう-きけい)にしたがって初来日,嘉吉(かきつ)3年ごろまでしばしば日本をおとずれ,その国情風習を朝鮮につたえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いんじんほ【尹仁甫 Yun In‐po】

朝鮮,李朝前期における知日派の人物。生没年不詳。1419年の応永の外寇の直後,日本から無涯亮倪(むがいりようげい)が使節として朝鮮に渡ったときに通事として活躍した。のち,20年朝鮮の回礼使宋希璟(そうきけい)に従って来日,さらに43年ころまでしばしば来日した。彼が朝鮮に帰国してから提出した復命書は,当時の日本の国内事情を詳細に明らかにしたもので,とくにその室町幕府観などは幕府の実体をみごとに把握したものであって,朝鮮が日本に対する政策をきめる場合に大きな影響力をもった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android