コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾関隼人 おぜき はやと

1件 の用語解説(尾関隼人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾関隼人 おぜき-はやと

1802-1868 江戸時代後期の武士。
享和2年生まれ。天保(てんぽう)7年上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)から転封(てんぽう)となった石見(いわみ)(島根県)浜田藩の家老。鳥羽・伏見の戦いで藩の佐幕派が新政府軍とたたかった責任をとって,慶応4年閏(うるう)4月19日京都で自刃(じじん)した。67歳。名は当遵(まさゆき)。通称は別に若狭(わかさ),長門(ながと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

尾関隼人の関連キーワード野矢常方浅野忠敬小倉明原高田亘林権助(1)藤田長鎮不染柳糸園綾風竜眠杉浦蘐水

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone