コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾関隼人 おぜき はやと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾関隼人 おぜき-はやと

1802-1868 江戸時代後期の武士。
享和2年生まれ。天保(てんぽう)7年上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)から転封(てんぽう)となった石見(いわみ)(島根県)浜田藩の家老。鳥羽・伏見の戦いで藩の佐幕派が新政府軍とたたかった責任をとって,慶応4年閏(うるう)4月19日京都で自刃(じじん)した。67歳。名は当遵(まさゆき)。通称は別に若狭(わかさ),長門(ながと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾関隼人の関連キーワード鶴田藩

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android