尿蛋白(読み)にょうたんぱく

妊娠・子育て用語辞典の解説

にょうたんぱく【尿蛋白】

ふつう、たんぱく質成分は尿中には出ません。けれど妊娠中は血液や血液中のたんぱく質の量も増えるため、それをろ過する腎臓にも負担がかかります。こうした理由から、妊娠中は尿中にたんぱくが出やすくなるのです。母子健康手帳(尿蛋白)欄には、問題なし(たんぱくは出ていない)なら(−)、たんぱくが出ている場合は程度によって(1+)(2+)となります。(1+)でもたんぱく量は微量ですし、妊娠にともなう生理的な変化といえますが、この状態が続く場合は妊娠高血圧症候群の始まりということもあるので、注意が必要です。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にょう‐たんぱく〔ネウ‐〕【尿×蛋白】

尿に含まれるたんぱく質のこと。健康な人でも尿には微量のたんぱく質が含まれているが、一定量以上含まれる場合、腎臓や尿路の障害が疑われる。
[補説]健康な人でも激しい運動や発熱時、起立時などに一時的に尿蛋白が増加することがあり(生理的蛋白尿)、病的な蛋白尿とは区別される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尿蛋白の関連情報