心憎い(読み)ココロニクイ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐にく・い【心憎い】

[形][文]こころにく・し[ク]
憎らしく思われるほど、言動などがすぐれているさま。「―・い演出」「―・いまで落ち着きはらう」
はっきりしないものに心がそそられるさま。特に、上品な深みを感じ、心ひかれるさま。おくゆかしい。「―・い庭のたたずまい」
憎らしく思うさま。こ癪(しゃく)にさわる。
「此小僧を少々―・く思って居たから」〈漱石吾輩は猫である
対象がはっきりしないので、不安である。
「定めて打手向けられ候はんずらん。―・うも候はず」〈平家・四〉
不審を感じ、とがめたく思うさま。怪しい。
「―・し。重き物を軽う見せたるは、隠し銀にきわまるところ」〈浮・胸算用・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころにくい【心憎い】

( 形 ) [文] ク こころにく・し
あまりにすぐれているので憎らしくさえ感じられる。 「 - ・いまでに落ち着きはらっている」 「 - ・い演技力」
表面はさりげないが深い配慮が感じられる。 「 - ・い心遣い」 「 - ・い庭石の配置」
上品で奥ゆかしい。深みがある。 「たきものの香、いと-・し/枕草子 201
(よくわからないもの、はっきりしないものに)関心をそそられる。心をひかれる。 「殿ばらなどには-・き今参りのいと御覧ずる際にはあらぬほど/枕草子 201
奥底が知れない。あなどりがたい。 「さだめて打手むけられ候はんずらん、-・うも候はず/平家 4
不審だ。あやしい。 「 - ・し、重きものを軽う見せたるは隠し銀がねにきはまる所/浮世草子・胸算用 4」 〔相手のすぐれていることをねたましく思う状態の
が原義〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心憎いの関連情報