コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屏東 ヘイトウ

4件 の用語解説(屏東の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へいとう【屏東】

台湾最南部にある県。南端の鵝鑾鼻(がらんび)(オールアンピー)岬でバシー海峡に臨む。農漁業のほか、近年はリゾート開発も盛ん。ピントン

ピントン【屏東】

へいとう(屏東)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

屏東【へいとう】

台湾南部の都市。高雄の東にあり,下淡水渓下流平野の中心。高雄との間に縦貫鉄路の支線が通じる。米,サトウキビパイナップルバナナを集散し,製糖工場や1967年建設の中華合弁畜産工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屏東
へいとう / ピントン

台湾南部の県。高雄(たかお)の東20キロメートル、高屏渓(こうへいけい)(下淡水渓(しもたんすいけい))下流平野の中央部に位置する。東方に2000メートル級の高峰が群立する大武山(だいぶざん)山脈を望む。米、サトウキビ、バナナ、パイナップルを産し、製糖業が立地する。西は高雄、南は枋寮(ほうりょう)へ鉄道が通じ、道路交通の便もよい。南方に鵝鑾鼻(がらんび)、墾丁(こんてい)公園、四重渓(しじゅうけい)温泉、恒春(こうしゅん)古城、石門古戦場など南台湾の名勝・旧跡が多い。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屏東の関連キーワード高雄ベラト嘉義台東淡水淡水河Ош五甲龍成宮寿山公園台湾・5大市長選

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屏東の関連情報