コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

展開図法 テンカイズホウ

3件 の用語解説(展開図法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんかい‐ずほう〔‐ヅハフ〕【展開図法】

地球を地心から円筒円錐に投影したあと、切り開いて平面とする地図投影法円筒図法円錐図法がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

展開図法
てんかいずほう
development projections

地図投影の種類のうちで、円錐(えんすい)図法と円筒図法の総称。円錐、円筒などの、伸縮なく平面に展開できる曲面である可展面を地球曲面に接するか交わらせたうえで、その面に投影したものを、平面に展開したとみなされることからこのようによばれる。可展面である一般の錐面、柱面および接線曲面のなかで、曲面上の曲線に沿う接線で形成される接線曲面を投影面にする図法が20世紀末に考案された。これは、人工衛星からの地表の映像を、衛星軌道の地球上への軌跡に沿って地図化するためである。[金澤 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone