山下八百蔵(初代)(読み)やました やおぞう

  • 山下八百蔵(初代) やました-やおぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
山下次郎三(じろぞう)の子。2代山下金作の門人大坂の舞台で若女方をつとめる。美貌風姿にめぐまれ,妖艶な色女方で人気をえる。後年は世話女房役などで演技派としてみとめられた。明和-享和(1764-1804)ごろ活躍。俳名は其虹。屋号升屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android