コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下源太郎 やました げんたろう

2件 の用語解説(山下源太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下源太郎 やました-げんたろう

1863-1931 明治-大正時代の軍人。
文久3年7月13日生まれ。海軍にはいり,日清(にっしん)戦争に出征。日露戦争では大本営参謀として作戦を指揮する。佐世保鎮守府参謀長などをつとめ,大正7年大将。連合艦隊司令長官,軍令部長,軍事参議官を歴任した。昭和6年2月18日死去。69歳。出羽(でわ)米沢(山形県)出身。海軍兵学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山下源太郎

没年:昭和6.2.18(1931)
生年:文久3.7.13(1863.8.26)
海軍軍人。米沢藩士山下新左衛門の次男。米沢市生まれ。藩校興譲館,米沢中学を経て明治16(1883)年海軍兵学校卒。少尉に任官後,主に砲術畑を歩き,日清戦争(1894~95)時には大尉。軍艦「金剛」砲術長として旅順口および威海衛の攻撃に,また,軍艦「秋津洲」砲術長として台湾制圧戦に参加した。明治33(1900)年の義和団事変に際しては,陸戦隊指揮官として天津城を攻撃した。その後,海軍軍令部第1局局員,軍令部参謀として対ロシア海軍戦略の策定に従事,主戦論を唱える。日露戦争(1904~05)では大本営参謀(作戦班長)。日本海海戦では,ロシアのバルチック艦隊対馬海峡通過を確信,日本を戦勝に導く要因を作った。その後,第1次世界大戦参戦時には軍令部次長。佐世保鎮守府長官などを経て,大正7(1918)年大将に進む。同年,第1艦隊司令長官兼連合艦隊司令長官。ワシントン会議を挟んで大正9年末から同14年4月まで軍令部長として八八艦隊計画の達成と軍縮の処理に従事した。軍事参議官を経て昭和3(1928)年後備役。<参考文献>松岡正男編『海軍大将山下源太郎伝』

(小池聖一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山下源太郎の関連キーワード緒方惟正衛門の陣左衛門の陣曽呂利新左衛門秋保新左衛門磯谷新左衛門甲田新左衛門杉山平八田中伝左衛門(4代)松本魯堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone