コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山僧 サンソウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐そう【山僧】

《「さんぞう」とも》
[名]
山寺の僧。
山門の僧。比叡山延暦寺の僧をいう。
[代]僧が自分をへりくだっていう語。愚僧

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんそう【山僧】

( 名 )
山寺の僧。
比叡山延暦寺の僧。山門の僧。 → 寺僧
( 代 )
一人称。主に禅宗で、僧が自分をへりくだっていう語。 「 -行業あんごうしゆ無くして/正法眼蔵」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

山僧の関連キーワード茶経(ちゃきょう)借上(かしあげ)長宗我部元親本光国師日記六輪一露之記池塘春草の夢貴船の本地臥雲日件録田村 宗立常陸坊海尊空華日工集雪江宗深文英清韓河野古亮城島公茂菊池五山藤山衛門碧山日録佐藤業連海北友松

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android