コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内神社 ヤマウチジンジャ

デジタル大辞泉プラスの解説

山内神社

高知県高知市にある神社。山内豊信、山内豊範など、土佐藩の歴代藩主を祀る。明治初期に建立された山内神社(のち、藤並神社と改称)が起源。1934年に現在地に移転し、再び山内神社となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山内神社
やまうちじんじゃ

高知県高知市鷹匠(たかじょう)町に鎮座。山内豊信(とよしげ)を主神とし、山内豊範(とよのり)を配祀(はいし)する。豊信は土佐藩15代藩主で王政復古に功があり、豊範も明治維新に功があった。1869年(明治2)山内氏の祖を祀(まつ)る山内神社を創建、のち藤並(ふじなみ)神社としたが、1934年(昭和9)現社地に別に一社を創建、この二神を祀ることとし、別格官幣社とされた。45年戦災を受ける。例祭11月10日。[鎌田純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山内神社の関連キーワード高知県高知市

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山内神社の関連情報