コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召命 しょうめい vocatio

5件 の用語解説(召命の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

召命
しょうめい
vocatio

罪の世界に生きていた者が,神に呼出されて救いを与えられるという意味で使われる。旧約聖書ではイスラエルの民の選抜や,預言者の召命などがその例である。特にカトリック教会においては修道生活や司祭生活への神からの招きをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐めい〔セウ‐〕【召命】

《〈ラテン〉vocatio religiosaキリスト教で、神の恵みによって神に呼び出されること。伝道者としての使命を与えられること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうめい【召命 calling】

神に召されて新しい使命につくことを意味するキリスト教用語。召命と訳される外国語vocatio(ラテン語),Beruf(ドイツ語),頭書の英語などは〈呼び出すこと〉を意味する。もともとは神に選ばれ,呼び出され,救われることを意味した。しかしまた,呼び出され,これまでとは違った新しい使命を与えられることをも意味した。そのため,とくに神に召され,教会の職務である牧師(司祭)職を与えられることを意味することが多くなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうめい【召命】

キリスト教などで、神に選ばれて救いを与えられること。転じて、聖職者として使命を与えられること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

召命
しょうめい
Berufドイツ語

キリスト教で、神から召されて新しい使命を与えられることをいう。もともと「呼び出し」の意味をもつラテン語のvocatioは、神の召しとして、西欧中世のキリスト教会において聖職者になることの召しに限定されて理解され、用いられていた。16世紀の宗教改革者たちは、ルターをはじめカルバンも、この語を、すべてのキリスト者についてのものと理解し、強調するようになった。すべてのキリスト者は信仰と洗礼とにおいて神の召しを受け、世俗世界のなかでそれぞれの職業の生を通して神の召しにこたえるという、いわゆる「職業召命観」とよばれるものであって、信仰者をこの世界から隠遁(いんとん)させるのでなく、神からの使命をもって積極的にこの世に送り出し、働かせるという点で、近代精神にとっての大きな契機の一つとなった。職業生活に限らず、全生活を神の召しにおいてとらえるものであって、トレルチやM・ウェーバーの所説、とくに後者の『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』は著名。[徳善義和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の召命の言及

【フェロモン】より

…カイコガを例にとると,羽化後雌は腹部末端から分泌腺を突出させて性フェロモン(ボンビコール)を放出し始める。これをコーリングcallingという。コーリングを始めると,近くの雄はアンテナをたててフェロモンを感知し,翅をばたつかせながら渦巻き状に歩いて雌ガに近づく。…

【プロテスタンティズム】より

…それが最もはっきり現れたのは,世俗的な職業についての考え方の変化である。中世のカトリック教会秩序のなかでは,聖職者が一般の俗人信徒とは別個の身分を形成しており,俗世を離れてひたすら信仰生活に専念する修道士にせよ,俗人信徒の救霊の任務をゆだねられた教区の司祭にせよ,聖職者のみが真の意味で神の〈召命〉を受け,神に直接奉仕する人間とみなされていた。しかし,ルターの唱えた〈万人祭司〉の原理は,このような狭い意味での〈召命〉観を根本から変化せしめ,上は君侯から下は手工業者や農民にいたるまで,あらゆる身分の人間が,社会におけるそれぞれの仕事ないし職業労働を通じて,聖職者と同様直接神に奉仕するものと考えられるようになった。…

※「召命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

召命の関連キーワードNull天命就職事新しい造語着任天に召される変革移民研究立ち往生

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

召命の関連情報