コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口直毅 やまぐちなおたけ

2件 の用語解説(山口直毅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口直毅
やまぐちなおたけ

江戸時代末期の幕臣。神奈川奉行となり,文久3 (1863) 年老中小笠原長行クーデター計画に従ったため罷免されたが,まもなく復職。慶応1 (65) 年4月より翌年8月まで,また同3年6月にも外国奉行をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口直毅 やまぐち-なおき

1830-1895 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)元年生まれ。幕臣。安政3年(1856)甲府徽典(きてん)館の学頭となり,のち大目付,町奉行,歩兵奉行,騎兵奉行などを歴任。維新後は神祇(じんぎ)局につとめた。明治28年12月10日死去。66歳。江戸出身。本姓は林。通称は直亮。号は泉処,夬堂。日記に「山口直毅日簿」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山口直毅の関連キーワード谷勤青木竜峰赤石行三安藤就高石沢謹吾麻見義修川上広樹沢簡徳鈴木大町田武須計

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone