山口直毅(読み)やまぐちなおたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口直毅
やまぐちなおたけ

江戸時代末期の幕臣神奈川奉行となり,文久3 (1863) 年老中小笠原長行のクーデター計画に従ったため罷免されたが,まもなく復職慶応1 (65) 年4月より翌年8月まで,また同3年6月にも外国奉行をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口直毅 やまぐち-なおき

1830-1895 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)元年生まれ。幕臣。安政3年(1856)甲府徽典(きてん)館の学頭となり,のち大目付,町奉行,歩兵奉行,騎兵奉行などを歴任。維新後は神祇(じんぎ)局につとめた。明治28年12月10日死去。66歳。江戸出身。本姓は林。通称は直亮。号は泉処,夬堂。日記に「山口直毅日簿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android