山口縫造(読み)やまぐち ぬいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口縫造 やまぐち-ぬいぞう

1820-1903 幕末-明治時代の陶工。
文政3年生まれ。大和(奈良県)の人。赤膚(あかはだ)焼の陶工山口甚治郎の長男。轆轤(ろくろ)ひきの名手で,奥田木白(もくはく)の素地作りに協力した。明治36年(一説に37年)死去。84歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android