(読み)ふう

精選版 日本国語大辞典「楓」の解説

ふう【楓】

〘名〙 マンサク科の落葉高木。中国、台湾に生え、日本には享保五年(一七二〇)ごろ渡来し、街路樹、庭木とされる。高さ一〇~三〇メートル。葉は互生し長柄をもち掌状に三裂し長さ幅とも七~一〇センチメートル。裂片は卵状三角形で縁に細鋸歯(きょし)がある。雌雄同株。春、花被のない淡黄褐色の単性花をつける。雌花は花柄の先に多数が頭状に集まり、雄花は頭状となったものがさらに総状に集まる。果実は互いに癒着(ゆちゃく)して径約二・五センチメートルの球状の集合果で柔らかいとげ状の鱗片に包まれている。樹脂を乾燥したものを楓香脂(ふうこうし)といい皮膚病の薬に用いる。漢名は楓で、日本ではこの字をカエデにあてて用いる。いがかえで。かもかつら。かつら。おかつら。〔和漢三才図会(1712)〕

かいで【楓】

〘名〙 「かえで(楓)」の変化した語。
※運歩色葉(1548)「雞冠樹 カイデノキ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「楓」の解説

楓 (カツラ)

植物。藪肉桂または,木犀の古名

楓 (フウ・オカツラ)

学名:Liquidambar formosana
植物。マンサク科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

楓 (カツラ)

学名:Cercidiphyllum japonicum
植物。カツラ科の落葉大高木,園芸植物

楓 (カエデ・カヤデ)

植物。カエデ科カエデ属の落葉高木または低木総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「楓」の解説

かえで〔かへで〕【×楓/槭樹】

《「かえるで(蛙手)」の音変化》
カエデ科カエデ属の落葉高木の総称。葉は多くは手のひら状に裂けていて、秋に紅葉または黄葉(こうよう)する。実には翼がある。イロハカエデトウカエデイタヤカエデミネカエデ・カジカエデ・サトウカエデなど。園芸品種も多い。材は器具・家具用。砂糖をとる種類もある。もみじ。かえでのき。 花=春 紅葉=秋》「紅―深し南し西す水の隈/几董
襲(かさね)の色目の名。表も裏も萌葱(もえぎ)色のもの。
紋所の名。1の葉を図案化したもの。
子供や女の小さくかわいらしい手。
「玄関の戸をとんとんと、叩(たた)く―のわくらばに応(こた)ふる者もなかりける」〈浄・阿波鳴渡

ふう【×楓】

マンサク科の落葉高木。葉は長い柄をもち、手のひら状に大きく三つに裂け、縁にぎざぎざがある。秋に紅葉する。春、新葉とともに雌花雄花とが咲き、球形でとげのある実を結ぶ。中国の原産樹脂芳香があり、楓香脂(ふうきょうし)といい薬用。近縁モミジバフウは北アメリカなどの原産で、葉は5~7裂する。ともに公園樹や街路樹とする。
[補説]「かえで」は別種

ふう【楓】[漢字項目]

人名用漢字] [音]フウ(漢) [訓]かつら かえで おかつら
木の名。マンサク科の落葉樹。フウ。「楓樹」
木の名。カエデ。「観楓霜楓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集「楓」の解説

カエデ科カエデ属の木の総称。漢字では槭、槭樹、楓と表記される。英語表記では「maple」。重硬ではあるが耐朽性はあまりない。造作材やフローリング材、家具などに用いられている。日本において代表的なイロハモミジ古くから栽培も行われ、園芸用として複数の栽培品種がある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android