コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡熊治 やまおか くまじ

2件 の用語解説(山岡熊治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岡熊治 やまおか-くまじ

1868-1921 明治時代の軍人,社会事業家。
明治元年10月25日生まれ。山岡重厚の兄。日露戦争では第三軍参謀として従軍,明治38年奉天の会戦で失明。陸軍中佐。退役後は盲人教育につとめ,のち盲人協会会長。大正10年8月7日死去。54歳。土佐(高知県)出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山岡熊治

没年:大正10.8.7(1921)
生年:明治1.10.25(1868.12.8)
明治期の陸軍軍人。高知県出身。陸軍中将山岡重厚は実弟。明治23(1890)年陸軍士官学校卒。同32年陸軍大学校卒。日露戦争(1904~05)では第3軍参謀。軍使として旅順水師営のロシア軍営に赴き非戦闘員の避難を勧告,勇名をはせた。奉天会戦で両眼を失明し,帰国後中佐となる。のち盲人協会会長を務めた。

(小池聖一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

山岡熊治の関連キーワード戊辰戦争ヴェナイト安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育モンゴル文学花房直三郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone