コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡熊治 やまおか くまじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岡熊治 やまおか-くまじ

1868-1921 明治時代の軍人,社会事業家。
明治元年10月25日生まれ。山岡重厚の兄。日露戦争では第三軍参謀として従軍,明治38年奉天の会戦で失明。陸軍中佐。退役後は盲人教育につとめ,のち盲人協会会長。大正10年8月7日死去。54歳。土佐(高知県)出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山岡熊治

没年:大正10.8.7(1921)
生年:明治1.10.25(1868.12.8)
明治期の陸軍軍人。高知県出身。陸軍中将山岡重厚は実弟。明治23(1890)年陸軍士官学校卒。同32年陸軍大学校卒。日露戦争(1904~05)では第3軍参謀。軍使として旅順水師営のロシア軍営に赴き非戦闘員の避難を勧告,勇名をはせた。奉天会戦両眼を失明し,帰国後中佐となる。のち盲人協会会長を務めた。

(小池聖一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山岡熊治の関連キーワード山岡 重厚没年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android