コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡熊治 やまおか くまじ

2件 の用語解説(山岡熊治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岡熊治 やまおか-くまじ

1868-1921 明治時代の軍人,社会事業家。
明治元年10月25日生まれ。山岡重厚の兄。日露戦争では第三軍参謀として従軍,明治38年奉天の会戦で失明。陸軍中佐。退役後は盲人教育につとめ,のち盲人協会会長。大正10年8月7日死去。54歳。土佐(高知県)出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山岡熊治

没年:大正10.8.7(1921)
生年:明治1.10.25(1868.12.8)
明治期の陸軍軍人。高知県出身。陸軍中将山岡重厚は実弟。明治23(1890)年陸軍士官学校卒。同32年陸軍大学校卒。日露戦争(1904~05)では第3軍参謀。軍使として旅順水師営のロシア軍営に赴き非戦闘員の避難を勧告,勇名をはせた。奉天会戦で両眼を失明し,帰国後中佐となる。のち盲人協会会長を務めた。

(小池聖一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山岡熊治の関連キーワード安藤厳水小畑敏四郎児島惣次郎瀬川章友中屋則哲西田恒夫野口坤之桃井直幹森連山田良水

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone