コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎覚次郎 やまざきかくじろう

3件 の用語解説(山崎覚次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎覚次郎
やまざきかくじろう

[生]慶応4(1868).6.15. 静岡
[没]1945.6.28.
経済学者,貨幣・銀行論研究家。 1889年東京大学法科大学政治科卒業,91~95年ドイツ留学,97年東京高等商業学校 (現一橋大学) 教授を経て 1902年母校助教授,以後 29年まで法学部,経済学部で講じ,この間 13年には帝国学士院会員となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎覚次郎 やまざき-かくじろう

1868-1945 明治-昭和時代前期の経済学者。
慶応4年6月15日生まれ。貨幣論,金融論を研究し,明治39年母校東京帝大の教授,のち経済学部長。社会政策学会で指導的役割をはたし,退官後は中央大教授,日銀顧問,金融学会初代理事会長をつとめた。昭和20年6月28日死去。78歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。著作に「貨幣銀行問題一斑」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山崎覚次郎

没年:昭和20.6.28(1945)
生年:明治1.6.15(1868.8.3)
静岡県出身。東京帝大経済学部教授,学部長。帝大卒。専攻は貨幣・銀行論。ドイツ留学のあと,名目的貨幣学説を提出して貨幣理論研究に一時代を画した。限界理論,特にオーストリア学派のそれに立脚する。<著作>『貨幣銀行問題一斑』『限界効用学説史』<参考文献>荒木光太郎「故山崎覚次郎博士とその学説」(『東京大学経済学論集』1946年5月号),『東京大学百年史 部局史1』

(藤井隆至)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

山崎覚次郎の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)天野八郎鮎沢伊太夫井上石見ウィリス上杉斉憲沖田総司

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone