コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎覚次郎 やまざきかくじろう

3件 の用語解説(山崎覚次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎覚次郎
やまざきかくじろう

[生]慶応4(1868).6.15. 静岡
[没]1945.6.28.
経済学者,貨幣・銀行論研究家。 1889年東京大学法科大学政治科卒業,91~95年ドイツ留学,97年東京高等商業学校 (現一橋大学) 教授を経て 1902年母校助教授,以後 29年まで法学部,経済学部で講じ,この間 13年には帝国学士院会員となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎覚次郎 やまざき-かくじろう

1868-1945 明治-昭和時代前期の経済学者。
慶応4年6月15日生まれ。貨幣論,金融論を研究し,明治39年母校東京帝大の教授,のち経済学部長。社会政策学会で指導的役割をはたし,退官後は中央大教授,日銀顧問,金融学会初代理事会長をつとめた。昭和20年6月28日死去。78歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。著作に「貨幣銀行問題一斑」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山崎覚次郎

没年:昭和20.6.28(1945)
生年:明治1.6.15(1868.8.3)
静岡県出身。東京帝大経済学部教授,学部長。帝大卒。専攻は貨幣・銀行論。ドイツ留学のあと,名目的貨幣学説を提出して貨幣理論研究に一時代を画した。限界理論,特にオーストリア学派のそれに立脚する。<著作>『貨幣銀行問題一斑』『限界効用学説史』<参考文献>荒木光太郎「故山崎覚次郎博士とその学説」(『東京大学経済学論集』1946年5月号),『東京大学百年史 部局史1』

(藤井隆至)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山崎覚次郎の関連キーワード藤井乙男池上清定石川平蔵吉川祐輝佐久間文吾四方竜文(7代)仁井田益太郎原煕矢川ミキ矢川れん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone