金融論(読み)きんゆうろん(英語表記)Monetary Economics; Theory of Finance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金融論
きんゆうろん
Monetary Economics; Theory of Finance

貨幣経済学とファイナンス理論との総称。古くは貨幣・銀行論とも呼ばれた貨幣経済学がマクロ経済における貨幣,金融仲介の役割を主として考えるのに対し,最近急速に発達しているファイナンス理論では,個々の主体の資金調達,資金運用の問題を分析の対象にすることが多い。すなわち (1) 貨幣経済学は,現代の経済システムで銀行が資金仲介者として果す役割およびそのあり方を考える。銀行の信用創造機能はどのようにマクロ経済に影響を与えるのか,またはそれを通貨当局が公定歩合政策や公開市場操作などのさまざまな政策手段を駆使して,どのように管理しているのかを分析する。それは必然的に貨幣価値の変動,すなわちインフレーションの問題に光を当てることが多い。 (2) ファイナンス理論では H.マーコビッツ,W.シャープを先駆とする資産選択の理論が,個々の投資家が合理的な投資を行うための必要条件を明らかにしている。これを市場の問題に応用した資本市場評価モデル (CAPM) は,多くの論文を生み出している。最近ではオプション理論の進歩も著しい。また企業金融の分野では,資金調達手段間の無差別性を指摘した F.モジリアーニ=M.ミラー定理をはじめとして,資金調達行動に関しても多くの研究がなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きんゆう‐ろん【金融論】

〘名〙 金融一般、金融機関、金融市場、金融政策などに関する理論的・実証的研究を行なう学問。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉青年実業家「一知半解(なまかじり)の金融論をする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金融論の関連情報