コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本竹雲 やまもと ちくうん

2件 の用語解説(山本竹雲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山本竹雲

幕末・明治の茶人・篆刻家。備前生。名は戈、字は中立。居を深竹軒・夢硯堂と称す。篆刻を細川林谷に、漢学を篠崎小竹に学ぶ。画・鑑識も能くした。京都に住した。明治27年(1894)歿、69才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本竹雲 やまもと-ちくうん

1826-1894 幕末-明治時代の篆刻(てんこく)家。
文政9年生まれ。細川林谷に師事。篠崎小竹に漢学をまなぶ。煎茶道でも名を知られ,茶器の鑑定には定評があった。御璽(ぎょじ)刻者の選にもれたのを残念におもい,明治27年4月27日京都東山の池に入水。69歳。備前(岡山県)出身。名は戈。字(あざな)は中立。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone