コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本露葉 やまもと ろよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本露葉 やまもと-ろよう

1879-1928 明治時代の詩人,小説家。
明治12年2月3日生まれ。一群の詩「葡萄(ぶどう)の葉蔭」でみとめられ,「明星」やあやめ会詩集「豊旗雲」などに詩や小品を発表する。小説に転じて同人誌モザイク」を創刊し,「外光と女」などを発表した。昭和3年2月29日死去。50歳。東京出身。東京専門学校(現早大)中退本名三郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本露葉の関連キーワード水島 爾保布山本 夏彦山本夏彦明治時代小説家詩人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android