コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村良候 やまむら たかとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村良候 やまむら-たかとき

1544-1602 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)13年生まれ。山村良勝の父。武田信玄,木曾義昌・義利につかえ,天正(てんしょう)18年義昌の下総(しもうさ)移封(いほう)にしたがう。関ケ原の戦いで東軍に帰属,戦後徳川氏から5700石をあたえられ初代木曾代官となり,木曾福島の関所をあずけられた。慶長7年11月2日死去。59歳。信濃(しなの)(長野県)出身。通称は三郎九郎。号は道祐。名は「よしとき」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山村良候の言及

【山村甚兵衛】より

…江戸時代に木曾代官を世襲した名族。中世末の木曾領主木曾義昌の重臣であった山村道祐(良候(たかとき))が,徳川家康の信任を得て木曾代官に挙用されるのは1600年(慶長5)の関ヶ原の戦直後である。02年道祐の死後父の遺跡を継いだ良勝がはじめて甚兵衛を名のり,幕末の山村良祺に至るまで甚兵衛を通称した。甚兵衛管地の木曾は1615年(元和1)に尾張の徳川義直に封与されたが,そのとき甚兵衛良勝は義直に転属したため,以後は事実上の木曾代官として最後まで福島の居館にとどまった。…

※「山村良候」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山村良候の関連キーワード本願寺如春尼教如小早川氏本願寺伝通院伝通院ホルオドンネルオランダ東インド会社

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android