コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山杜鵑 ヤマホトトギス

デジタル大辞泉の解説

やま‐ほととぎす【山杜鵑】

山にいるホトトギス。また、ホトトギスの別名。 夏》
(「山杜鵑草」とも書く)ユリ科の多年草。山地の樹下に生え、高さ30~50センチ。全体に粗い毛がある。葉は楕円形。9月ごろ、紫色の斑点のある白い花を上向きにつけ、花びらは反り返る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまほととぎす【山杜鵑】

山にすむホトトギス。また、ホトトギスの異名。 [季] 夏。 《 谺して-ほしいまゝ /杉田久女 》
ユリ科の多年草。山中の林に生え、栽培もされる。高さ約40センチメートル。葉は楕円形。秋、茎頂および腋生えきせいの花柄に、約3センチメートルの白い紫斑のあるホトトギスの胸の斑に似た花を数個ずつつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山杜鵑の関連キーワード杉田久女

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android