コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄応 ゲンノウ

大辞林 第三版の解説

げんのう【玄応】

唐代の僧。玄奘げんじようのもとで経典漢訳に参加。著「一切経音義(玄応音義)」など。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄応
げんのう

生没年不詳。中国唐(とう)代初期、音韻および唯識(ゆいしき)に秀でた学僧。俗姓、出身地などは不明。長安の大慈恩寺(だいじおんじ)にあって経典の翻訳に従事し、音韻文字の学に優れた。玄奘(げんじょう)の訳場に、字学大徳として参加し、648年(貞観22)ころ勅により『一切経音義(いっさいきょうおんぎ)』25巻を撰(せん)した。これは世に「玄応音義」と称して斯学(しがく)の規範となったが、惜しむらくは未完にして寂しており、のち慧琳(えりん)(737―820)が継承して100巻とした。著書に『摂大乗論疏(しょうだいじょうろんしょ)』『弁中辺論疏(べんちゅうへんろんしょ)』『因明論疏(いんみょうろんしょ)』など。[伊藤隆寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玄応の言及

【一切経音義】より

…中国,経律論の難読難解字および音訳漢字に対する音注義注の書で,玄応(げんのう)著(7世紀半ば)と慧琳(えりん)著(810)の2種がある。玄応は文字大徳として玄奘(げんじよう)の訳場に列した。…

※「玄応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玄応の関連キーワード丹精・丹誠反切休静

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android