山田坂仁(読み)やまだ さかじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田坂仁 やまだ-さかじ

1908-1987 昭和時代の哲学者。
明治41年12月20日生まれ。戦前は唯物論研究会にはいって活動。戦後は千葉工大,明大の教授を歴任武谷三男技術論を批判し,のち自己批判をくわえた「技術と経営」を発表。後年は毛沢東主義にたった。昭和62年6月3日死去。78歳。長野県出身。東京帝大卒。筆名は鵜飼隆夫,山岸辰蔵,薬袋(みない)俊二。訳書オパーリン「生命の起源」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android