コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科言国 やましな ときくに

3件 の用語解説(山科言国の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山科言国

公卿。法名盛言、道号は説堂。保宗の子、顕言の養嗣子。内蔵頭・右権中将・参議等を経て従二位権中納言に至る。日記『言国卿記』は応仁の乱後の京都の政情、家領山科七郷等の内情、当時の文化・芸能・医薬関係等の記事に富み、貴重な史料となっている。文亀3年(1503)歿、52才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山科言国 やましな-ときくに

1452-1503 室町-戦国時代の公卿(くぎょう)。
享徳元年生まれ。山科保宗の子。山科顕言(あきとき)の養子となり,内蔵頭(くらのかみ),参議をへて明応元年権(ごんの)中納言。従二位。日記「言国卿記」は応仁(おうにん)の乱後の京都の政情,文化・芸能などを知る上で重要な史料である。文亀(ぶんき)3年2月28日死去。52歳。法名は盛言。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山科言国

没年:文亀3.2.28(1503.3.26)
生年:享徳1(1452)
室町・戦国時代の公卿。法名は盛言。実父は山科保宗で,山科顕言の養子となって山科家嫡流を継いだ。寛正3(1462)年に内蔵頭,文明16(1484)年従三位,同17年参議,明応1(1492)年には権中納言,文亀1(1501)年従二位となる。日記の『言国卿記』(1474~1502)には,応仁の乱(1467~77)時の京都と坂本との往復生活,室町幕府や山科郷民の動向,家領に関する記事などがみられ,この時期の貴重な記録である。

(伊東正子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山科言国の言及

【言国卿記】より

…室町時代後期の公卿山科言国(1452‐1503)の日記。途中が欠けているが,1474年(文明6)から1502年(文亀2)までが現存。…

【山科家】より

…藤原北家房前(ふささき)の男魚名の後裔で,四条家の支流に当たる。すなわち四条中納言家成の六男権中納言実教(さねのり)(1150‐1227)を祖とする。後白河法皇の寵妃丹後局(高階栄子)の子教成(のりしげ)(1177‐1239)は法皇の信任が厚く,勅旨により四条実教の嗣子となり,丹後局の山科の別業を譲られ,子孫は同所に住んだが,南北朝時代の中ごろ,教行のときから地名にちなんで山科を姓とするようになった。…

※「山科言国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山科言国の関連キーワード松木宗綱冷泉政為清水谷公松高倉永宣三室戸光村六条有栄万里小路文房入江相永五辻泰仲木幡雅遠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone