コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科言国 やましな ときくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山科言国 やましな-ときくに

1452-1503 室町-戦国時代の公卿(くぎょう)。
享徳元年生まれ。山科保宗の子。山科顕言(あきとき)の養子となり,内蔵頭(くらのかみ),参議をへて明応元年権(ごんの)中納言。従二位。日記「言国卿記」は応仁(おうにん)の乱後の京都の政情,文化・芸能などを知る上で重要な史料である。文亀(ぶんき)3年2月28日死去。52歳。法名は盛言。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山科言国

没年:文亀3.2.28(1503.3.26)
生年:享徳1(1452)
室町・戦国時代公卿。法名は盛言。実父は山科保宗で,山科顕言の養子となって山科家嫡流を継いだ。寛正3(1462)年に内蔵頭,文明16(1484)年従三位,同17年参議,明応1(1492)年には権中納言,文亀1(1501)年従二位となる。日記の『言国卿記』(1474~1502)には,応仁の乱(1467~77)時の京都と坂本との往復生活,室町幕府や山科郷民の動向,家領に関する記事などがみられ,この時期の貴重な記録である。

(伊東正子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

山科言国 (やましなときくに)

生年月日:1452年2月23日
戦国時代の公卿
1503年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の山科言国の言及

【言国卿記】より

…室町時代後期の公卿山科言国(1452‐1503)の日記。途中が欠けているが,1474年(文明6)から1502年(文亀2)までが現存。…

【山科家】より

…藤原北家房前(ふささき)の男魚名の後裔で,四条家の支流に当たる。すなわち四条中納言家成の六男権中納言実教(さねのり)(1150‐1227)を祖とする。後白河法皇の寵妃丹後局(高階栄子)の子教成(のりしげ)(1177‐1239)は法皇の信任が厚く,勅旨により四条実教の嗣子となり,丹後局の山科の別業を譲られ,子孫は同所に住んだが,南北朝時代の中ごろ,教行のときから地名にちなんで山科を姓とするようになった。…

※「山科言国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山科言国の関連キーワード花卉園芸大沢久守池坊専慶生年月日いけ花文阿弥

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android