山荒(読み)やまあらし

精選版 日本国語大辞典「山荒」の解説

やま‐あらし【山荒】

〘名〙
① (豪猪) 齧歯目ヤマアラシ科に属する哺乳類総称。体長は普通七〇センチメートルぐらい。背から尾にかけて長くて鋭いとげが一面に生える。にあうと体をまるめ、とげをさかだて尾を振ってガラガラと音をたてて警告し、後ろ向きに突進して突き刺す。昼は穴の中にこもり、夜出て草の実や根を食べる。ヨーロッパ南部・アフリカ・インド・東南アジアなどに一〇種あまりが分布。形態や生態のよく似たアメリカヤマアラシ科(キノボリヤマアラシなど)は、南北アメリカ大陸に分布する。〔大和本草(1709)〕
② 山を荒らすこと。山林で盗伐などをすること。また、その人。
※歌舞伎・絵本合法衢(1810)二幕「滅多に大木を切り倒し、出水、嵐、野分より、こなさんたちの山(ヤマ)あらし」
③ 暴動、一揆などをいう、盗人仲間の隠語。〔隠語輯覧(1915)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「山荒」の解説

山荒 (ヤマアラシ)

動物。ヤマアラシ類の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「山荒」の解説

やま‐あらし【山荒/豪猪】

齧歯(げっし)目ヤマアラシ科の哺乳類の総称。頭胴長35~90センチ、尾長17~23センチ。体の上面に針状中空剛毛が生えている。敵が近づくと体を震わせて音をたてたり、毛を逆立てたりして身を守る。夜行性。東南アジア・インドからアフリカ、ヨーロッパ南西部まで分布。広くはキノボリヤマアラシ科も含めていい、南北アメリカに分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android