山薊(読み)ヤマアザミ

大辞林 第三版の解説

やまあざみ【山薊】

アザミの一種。西日本の山中に生える。茎は太く、高さ2メートルに達する。葉は密につき、羽状に中裂。秋、紅紫色の小頭花多数が穂状につく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やま‐あざみ【山薊】

〘名〙
① キク科の多年草。四国、九州の山地に生える。高さ一~二メートル。葉はかたく羽状に分裂し縁にするどいとげが多い。秋、やや小形の淡紅紫色の頭状花を穂状につける。根は強壮・解毒・利尿薬に使われ、葉の煎汁は腫物(はれもの)に効くという。《季・秋》 〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 植物「おどりこそう(踊子草)」の異名。〔出雲風土記(733)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android