コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山薬 サンヤク

大辞林 第三版の解説

さんやく【山薬】

ヤマノイモの根茎の周皮を除いて乾燥させた生薬。滋養強壮などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山薬
さんやく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山薬の言及

【ヤマノイモ】より

…しかし多くの野生種の地下貯蔵器官は明らかに地下茎である。
[食用とされる主要な種]
 (1)ヤマノイモ(ジネンジョ)D.japonica Thunb.(中国名は日本薯蕷(しよよ),野山薬) 人里近い山野林間に自生し,いもは食用に利用される。粘りが強い。…

※「山薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山薬の関連キーワード福島県耶麻郡北塩原村北山新潟県上越市柿崎区米山寺東京都八王子市高尾町山口県長門市俵山静岡県袋井市村松十勝川西長いも埼玉県飯能市南薯蕷まんじゅう桃谷 政次郎高尾山薬王院中沖 太七郎富山薬品工業関西高等学校施薬院全宗小野 瓢郎桃谷政次郎中沖太七郎まんじゅう参苓白朮散金尾梅の門

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山薬の関連情報