コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山路機谷 やまじ きこく

1件 の用語解説(山路機谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山路機谷 やまじ-きこく

1817-1869 江戸時代後期の儒者,公共事業家。
文化14年2月生まれ。備後(びんご)沼隈郡(ぬまくまぐん)藤江村(広島県福山市)の人。篠崎小竹(しょうちく)にまなぶ。港湾の整備,櫨(はぜ)の木の栽培,井戸の掘削など,地域の発展につくした。明治2年9月18日死去。53歳。名は重済(しげなり)。字(あざな)は伯美。通称は熊太郎。別号に三洲。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山路機谷の関連キーワード藩学一覧モンロー妙心紀行文学女性参政権周期律秋月種殷鵜殿長鋭木村安兵衛熊谷直孝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone