コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐の神/衢の神 チマタノカミ

デジタル大辞泉の解説

ちまた‐の‐かみ【岐の神/×衢の神】

道の分岐点を守り邪霊の侵入を阻止する神。また、旅人の安全を守護する神。道祖神。さえのかみ。
《天孫降臨のとき、天の八衢(やちまた)に出迎えて先導したというところから》猿田彦神(さるだひこのかみ)異称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岐の神/衢の神の関連キーワード天孫降臨猿田彦神分岐点道祖神侵入旅人さえ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android