コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡倉古志郎 おかくら こしろう

1件 の用語解説(岡倉古志郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡倉古志郎 おかくら-こしろう

1912-2001 昭和-平成時代の国際政治学者。
明治45年5月6日生まれ。岡倉天心の孫。昭和13年の企画院判任官グループ事件で逮捕される。戦後,同志社大,大阪外大,中央大などの教授を歴任。36年にアジアアフリカ研究所を創設し所長。民族運動,非同盟運動を研究。日本学術会議副会長をつとめた。平成13年4月2日死去。88歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「死の商人」「非同盟研究序説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岡倉古志郎の関連キーワード小田滋鴨武彦川田侃木戸蓊木村汎坂本義和塩出英雄杉原高嶺高橋忠弥百瀬宏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone