岡倉古志郎(読み)おかくら こしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡倉古志郎 おかくら-こしろう

1912-2001 昭和-平成時代の国際政治学者。
明治45年5月6日生まれ。岡倉天心の孫。昭和13年の企画院判任官グループ事件で逮捕される。戦後,同志社大,大阪外大,中央大などの教授を歴任。36年にアジア・アフリカ研究所を創設し所長。民族運動,非同盟運動を研究。日本学術会議副会長をつとめた。平成13年4月2日死去。88歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「死の商人」「非同盟研究序説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android