岡倉古志郎(読み)おかくら こしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡倉古志郎 おかくら-こしろう

1912-2001 昭和-平成時代の国際政治学者。
明治45年5月6日生まれ。岡倉天心の孫。昭和13年の企画院判任官グループ事件で逮捕される。戦後,同志社大,大阪外大,中央大などの教授を歴任。36年にアジア・アフリカ研究所を創設し所長。民族運動,非同盟運動を研究。日本学術会議副会長をつとめた。平成13年4月2日死去。88歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「死の商人」「非同盟研究序説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android