コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田嘯雲 おかだ しょううん

1件 の用語解説(岡田嘯雲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田嘯雲 おかだ-しょううん

1830-1907 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)元年生まれ。岡田吉太夫の弟。儒学を月田蒙斎(もうさい),広瀬淡窓(たんそう)にまなび,医術を村井塾でおさめるなど,肥後(熊本県)や豊後(ぶんご)(大分県)に17年間遊学。おおくの尊攘(そんじょう)運動家とまじわり,維新後は医業に専念した。明治40年12月15日死去。78歳。肥前長崎出身。通称は大五郎,大輔。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡田嘯雲の関連キーワード民衆を導く自由の女神森田勘弥複成片麻岩内褶曲新派劇シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone